株式会社保健科学研究所

研究発表

学会発表:国内

1.先進医療により検出されたMEN1遺伝子原因バリアント

発表者:中山智祥1,2)、鳴瀬弘1,3)

所属:1) 日本大学医学部病態病理学系臨床検査医学分野
2) 日本大学医学部病態病理学系コンパニオン診断学分野
3) 株式会社保健科学研究所

学会・研究会名:第90回日本内分泌学会学術総会(4,2017)

2.MEN1遺伝子診断先進医療体制の確立と検出された原因バリアント

発表者:中山智祥1,2)、鳴瀬弘1,3)

所属:1) 日本大学医学部病態病理学系臨床検査医学分野
2) 日本大学医学部病態病理学系コンパニオン診断学分野
3) 株式会社保健科学研究所

学会・研究会名:第41回日本遺伝カウンセリング学会学術集会(6,2017)

3.当施設におけるMEN1遺伝子診断先進医療体制の確立

発表者:中山智祥1,2)、鳴瀬弘1,3)

所属:1) 日本大学医学部病態病理学系臨床検査医学分野
2) 日本大学医学部病態病理学系コンパニオン診断学分野
3) 株式会社保健科学研究所

学会・研究会名:第24回日本遺伝子診療学会大会(7,2017)

4.大腸がん組織検体において複数種類のRAS遺伝子変異が検出された一例

発表者:大塚広樹1)、太城勘介1)、真柴新一1)、若林剛行1)、久川聡1, 2)、大山貴之3)

所属:1)株式会社保健科学研究所
2)株式会社保健科学西日本
3)医療法人 社団 恵仁会 なぎ辻病院

学会・研究会名:第24回日本遺伝子診療学会大会(7,2017)

5.年期女性に出現する抗DFS70/LEDGF75抗体の臨床的意義

発表者:宮地清光1)、Sasse Belinda 2)、五十嵐都志子3)、真柴新一3)

所属:1)Keigu Clinic
2)Monash Health Rheumatology
3)株式会社保健科学研究所

学会・研究会名:神奈川リウマチ医会(7.2017)

6.新たに検出されたMEN1遺伝子原因バリアント

発表者:鳴瀬弘1,2) 、中山智祥1,3)

所属:1) 日本大学医学部病態病理学系臨床検査医学分野
2) 株式会社保健科学研究所
3) 日本大学医学部病態病理学系コンパニオン診断学分野

学会・研究会名:第49回日本臨床検査自動化学会大会(9,2017)

7.シェーグレン症候群患者におけるHLA-DRB1遺伝子解析と抗DFS70抗体

発表者:五十嵐都志子1)、真柴新一1)、島村裕子2)、河原啓二2)、宮地清光3)

所属:1)株式会社保健科学研究所 検査本部研究開発部
2)株式会社保健科学研究所 検査本部総合分析センター
3)医療法人社団慶進会慶宮医院

学会・研究会名:第26回 日本シェーグレン症候群学会学術集会(9.2017)

8.先進医療によるMEN1遺伝子診断体制構築

発表者:中山智祥1,2)、鳴瀬弘1,3)

所属:1) 日本大学医学部病態病理学系臨床検査医学分野
2) 日本大学医学部病態病理学系コンパニオン診断学分野
3) 株式会社保健科学研究所

学会・研究会名:第49回日本臨床検査自動化学会大会(9,2017)

9.MEN1遺伝子診療体制構築―先進医療による―

発表者:中山智祥1,2)、鳴瀬弘1,3)

所属:1) 日本大学医学部病態病理学系臨床検査医学分野
2) 日本大学医学部病態病理学系コンパニオン診断学分野
3) 株式会社保健科学研究所

学会・研究会名:第64回日本臨床検査医学会学術集会(9,2017)

10.BNPの測定方法間・臨床乖離を生じた一症例の解析

発表者:辻澤里依1)、駒田尚代1)、福光弘明1)、山本賢次2)、池西一海3)、舛田譲二4)久川聡5 6)

所属:1)株式会社保健科学西日本 検査本部
2)恩賜財団 済生会御所病院 中央検査科
3)恩賜財団 済生会御所病院 外科
4)恩賜財団 済生会御所病院 内科
5)株式会社保健科学研究所
6)株式会社保健科学西日本

学会・研究会名:日本衛生検査所協会 近畿支部 第37回学術研究発表会(10, 2017)

11.XN-Seriesにおける血液像目視増加の原因究明

発表者:西端修司1)、小川和宏1) 、久川聡2)、3)、田村周二4)

所属:1)株式会社保健科学西日本 臨床支援部
2)株式会社保健科学西日本
3)株式会社保健科学研究所
4)神戸市立医療センター西市民病院

学会・研究会名:日本衛生検査所協会 近畿支部 第37回学術研究発表会(10, 2017)

12.さいたま市(大宮医師会)の子宮がん検診―体がん検診における内膜細胞診5年間の成績―

発表者:若林蓮1)、高田理恵1)、田中康子1)、栗原美子1)、黒川緑1)、塩津英俊1)、大野喜作2)、秋山芳晃3)、宇井万津男3)、大原健3)、柏崎祐士3)、木野秀郷3)、今野良3)、塚原信五3)、林正敏3)、真下道重3)、桃木茂3)

所属:1)株式会社保健科学東日本 病理検査センター
2)上尾中央総合病院検査技術科病理
3)大宮医師会

学会・研究会名:日本衛生検査所協会 関東甲信支部 平成29年度学術研究発表会(11.2017)

13.カルノア固定細胞検体から抽出したDNAを用いたFMR1遺伝子解析法の評価

発表者:平松太一、大塚広樹、神山誠、真柴新一、江副純、久川聡

所属:株式会社保健科学研究所

学会・研究会名:日本人類遺伝学会第62回大会 (11,2017)

14.MEN1遺伝子原因バリアント

発表者:鳴瀬弘1,2)、久川聡1) 中山智祥2,3)

所属:1) 株式会社保健科学研究所
2) 日本大学医学部病態病理学系臨床検査医学分野
3) 日本大学医学部病態病理学系コンパニオン診断学分野

学会・研究会名:日本人類遺伝学会第62回大会(11,2017)

15.診療報酬算定されたフェニルケトン尿症の遺伝学的検査を立ち上げた経験

発表者:五十嵐都志子1)、真柴新一1)、久川聡2)3)、志方えりさ3)、石毛美夏4)、小川えりか4)、中山智祥3)5)

所属:1)株式会社保健科学研究所 検査本部研究開発部
2)株式会社保健科学研究所 検査本部
3)日本大学医学部病態病理学系臨床検査医学分野
4)日本大学医学部小児科学系小児科学分野
5)日本大学医学部病態病理学系コンパニオン診断学分野

学会・研究会名:日本染色体遺伝子検査学会 第35回学術集会(11.2017)

16.アイキュー200スプリント導入における検討と尿沈渣の運用構築

発表者:飯野梢恵、草野光夫、市川浩、気田秀樹、櫻井奈保美、高橋寛

所属:株式会社保健科学 仙台ラボラトリー

学会・研究会名:日本衛生検査所協会 東北支部 平成29年度学術研究発表会(11, 2017)

17.動物由来Escherichia coli、Klebsiella pneumoniae、Klebsiella oxytoca、Proteus mirabilisの各種抗菌薬の感受性結果と耐性機構の解析

発表者:石松尚、角田拓也、田中孝和、久川聡

所属:株式会社保健科学研究所 感染症分析センター

学会・研究会名:日本衛生検査所協会 関東甲信越支部 平成29年度学術研究発表会(11,2017)

18.FFPE組織検体におけるRAS遺伝子変異の不均一性

発表者:市川保和1)、大塚広樹1)、太城勘介1)、真柴新一1)、若林剛行1)、久川聡1, 2)、大山貴之3)

所属:1)株式会社保健科学研究所
2)株式会社保健科学西日本
3)医療法人 社団 恵仁会 なぎ辻病院

学会・研究会名:日本衛生検査所協会 関東甲信越支部 平成29年度学術研究発表会(11,2017)

19.表現型と性染色体構成が異なる結果への対応

発表者:平松太一

所属:株式会社保健科学研究所

学会・研究会名:第172回染色体研究会(12,2017)

20.当ラボで検出されたメタロβ-ラクタマーゼ(MBL)産生腸内細菌科細菌の検出方法に関する基礎的検討

発表者:石松尚1)、角田拓也2)、久川聡3)

所属:1)株式会社保健科学研究所 感染症分析センター 細菌学第1チーム
2)株式会社保健科学研究所 検査本部
3)株式会社保健科学研究所

学会・研究会名:第29回日本臨床微生物学会総会(2,2018)

論文

1.Haplotype-based, case-control study of the receptor (calcitonin) activity-modifying protein (RAMP) 1 gene in essential hypertension.

発表者:T Nakayama1,2, T Nakazato1,3, H Naruse1,4, Z Fu5, Z Wang5, M Soma6, T Hoshino1, M Shimodaira1,5 and N Aoi7

所属:1) Division of Laboratory Medicine, Department of Pathology and Microbiology, Nihon University School of Medicine, Tokyo, Japan
2) Division of Companion Diagnostics,Department of Pathology of Microbiology, Nihon University School of Medicine, Tokyo, Japan
3) Fujioka Surgeon Clinic, Gunma, Japan
4) Health Sciences Research Institute,Yokohama, Japan
5) Division of Molecular Diagnostics, Department of Advanced Medical Science, Nihon University School of Medicine, Tokyo, Japan
6) Divisions of General Medicine, Department of Medicine, Nihon University School of Medicine, Tokyo, Japan
7) Division of Genomic Epidemiology and Clinical Trials, Department of Advanced Medical Science, Nihon University School of Medicine, Tokyo, Japan

Journal of Human Hypertension J Hum Hypertens. 2017 May;31(5):361-365.

2.ダイレクトシーケンスについて.

発表者:鳴瀬弘

所属:株式会社保健科学研究所 研究開発部

最新医療情報誌セフィーロ 保健科学グループ(6, 2017)

3.診療報酬算定されたフェニルケトン尿症の遺伝学的検査体制の構築.

発表者:五十嵐都志子

所属:株式会社保健科学研究所 研究開発部 

最新医療情報誌セフィーロ 保健科学グループ,2017;春号:23-28.

著書

1.薬剤感受性検査の内部精度管理

発表者:角田拓也1)、石松尚2)、久川聡3)

所属:1)株式会社保健科学研究所 検査本部
2)株式会社保健科学研究所 感染症分析センター
3)株式会社保健科学研究所

検査と技術 第46巻 第4号(2018年4月号)