株式会社保健科学研究所

MCIスクリーニング検査(Mild Cognitive Impairment)

MCIスクリーニング検査とは

軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できるバイオマーカーを使った血液検査です。

この検査は、認知症研究の第一人者である筑波大学教授「朝田隆」氏と共同で実施したコホート研究を通じて、
株式会社MCBIが開発しました。
このバイオマーカーを用いてアルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβペプチドの蓄積を間接的に評価することで、
軽度認知障害(MCI)のリスクを調べます。

アルツハイマー病は、発病する約20年前から主な原因物質であるアミロイドβペプチドが
脳内に少しずつ蓄積されていることが分かっています。
このアミロイドβペプチドは神経細胞のシナプスにダメージを与え、記憶などの認知機能を障害します。
軽度認知障害(MCI)は認知症の前段階で、
そのまま放っておくと5年くらいで約半分がアルツハイマー病などの認知症に進行すると言われています。
「アミロイドβペプチドの蓄積」「神経細胞のダメージ」「記憶・認知機能障害」は時間をかけてゆっくりと進みます。(上図)
できるだけ早くアミロイドβペプチドのたまりやすさを知り、積極的に予防を実施する、
または早期の診断・治療につなげるとで、アルツハイマー病を未然に防ぐことが出来ます。

血液中の3つのタンパク質の量とその数学的な解析により
MCIのリスクを調べる

私たちの体には、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβペプチドが
脳内に蓄積しないように排除する仕組みやその毒性を弱める仕組みが備わっています。
その仕組みには、脂質代謝に関連するアポリポタンパク質(ApoA1)や免疫に関わる補体蛋白質(C3)、
アミロイドβ結合してその作用を抑制するトランスサイレチン(TTR)などが関連しています。
MCIスクリーニング検査では、防御機能を持つこれら3つのタンパク質の血中量を測定することで、
アミロイドβペプチドに対する「抵抗力」をはかるものです。

認知症は予防できる!

認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)での早期介入が重要!
アルツハイマー病は生活習慣病の一つと考えられるようになりました。
生活習慣病の改善や早い段階での介入によって、
その発症を遅らせることや症状の進行を遅らせることが出来ることがわかっています。
予防には、「早期発見」が重要です。
早ければ早いほど薬などの頼ることなく、日常生活の改善で予防することが出来ます。
予防法には、栄養バランスの取れた食事や適度な有酸素運動、認知機能をアップさせる脳トレーニングなどがあり、
認知機能の低下を改善する効果が認められています。

MCIスクリーニング検査のメリット

こんな方にお勧めの検査です

50歳代以上の方

認知症発症者数は70歳代で急激に増えることが分かっています。発症の20年前からアミロイドβペプチドの蓄積が始まるため、自覚症状がなくても検査をお勧めします。

認知症への不安を抱いている方

健康診断と同様に、定期的に検査を受けることでご自身の状況を確認できます。

ご家族が異変に気付いた場合

軽度認知障害(MCI)の状態では本人にも物忘れの自覚はありますが、以前と様子が違うとご家族が気づいたときには、検査を受けることをお勧めします。

遺伝子で分かる認知症リスク「APOE遺伝子検査」

アルツハイマー病や高齢者の認知機能低下に関与する重要な遺伝子検査のひとつにAPOE遺伝子があります。
このAPOE遺伝子には3つの型があり、それぞれの型によりアミロイドβペプチドへの防御作用の強さが異なります。
中でもAPOE-ε4型を持つ場合、アルツハイマー病を発症するリスクが高いことが分かっています。
APOE遺伝子検査では、APOE遺伝子型を調べることで認知症を発症するリスクを測定します。

パンフレットはこちら

ホームページはこちら http://mcbi.jp
■論文

Abeta sequester proteins as blood-based biomakers of cognitive decline
L.Shana,T.Asada,H.Suzuki,Y.Tabuse,Y.Nishimura,Y.Hirokawa,K.Mizukami,H.Akatsu,K.Meno,andK.Uchida(Submitted)

■関連著作

「認知症機能障害疾患のバイオマーカー及び当該バイオマーカーを用いる認知機能障害疾患の検出方法」PCT/JP2013/067785

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせは

TEL:045-333-1661

メールでのお問い合わせは